「平成30年度沖縄観光コンテンツ開発支援事業」 お問い合わせ

やんばるアートフェス

やんばるの魅力・価値をアートを媒介として掘り起こし、発信する、回遊型・広域のアートフェスティバル。

5 件/ 7 件中 次へ

ついに開幕!

12月9日(土)より、
「やんばるアートフェスティバル 2017-2018」が開幕しました!

沖縄県北部の豊かな自然環境を、アートをキーコンテンツに発信するイベントで、
沖縄県・北部市町村・地元住民の皆様や企業様のご協力のもと、
約1年をかけて準備をしてきました。



開催期間は年明けの1月8日(月)までの約1ヵ月間、
やんばる地域の複数の会場にて、総勢50組 のアーティストによる
様々なアート展示やイベントを開催します。

それでは、
代表的な会場と展示内容をお知らせします。

●メイン会場「大宜味村立旧塩屋小学校」
メイン会場は、海に面した幻想的なロケーションが魅力の廃校舎、大宜味村立旧塩屋小学校です。
校庭、体育館や各教室を使用し、様々なアート展示や地元フードの出店、音楽イベントも開催。



作品紹介)
・校庭:西野亮廣/「プペル」
やんばるエリアのゴミを使い、ゴミ人間「プペル」を
アーティスト・淀川テクニックチームや県内外ボランティアの皆様が制作しました。


・体育館:京造ネブタ「池永組」/ヤンバルヤドカル
京都造形芸術大学のネブタ制作チームによる大型のネブタ作品


・校舎壁:BAKIBAKI/YAMBARU VIBES
グラフィティアーティスト・BAKIBAKIが小学校壁面に描いた壁画作品

・図書室:紫舟/北斎は世界を平面にし、紫舟は平面世界を立体にする
書家・紫舟による本芸術祭のための新作浮世絵や春画作品を展示

・普通教室:熊谷隆志ディレクション/沖縄在住工芸作家
クリエイティブディレクター・熊谷隆志がセレクトした沖縄の工芸品を展示販売。

音楽イベント)
「Shioya Bay Sounds」
屋外ステージにて、週末だけ開催する音楽イベント。
海に沈む夕陽、山からのぼる月、晴れた夜には星とともに。
ゆったりのんびりと汐風とグッドミュージックに身をゆだねてください。


cafe「ハコブネ」)
多くのお客様が魅了される目の前に海が広がる体育館内には、
カフェスペースを用意しました。
ゆったりと楽しんでいただけます。



●オクマプライベートビーチ&リゾート
最北端のリゾートホテル、オクマプライベートビーチ&リゾートでは、
美術家・椿昇による大型作品も展示。

椿昇/POST PARADICE PRODUCT(prototype_02)


●海洋博公園
美ら海水族館を敷地内に有する本部町の海洋博公園では、
ゴミを使った作品で知られるアーティスト・淀川テクニックが
やんばるで拾い集めた漂着ゴミなどを使って滞在制作を行なった大型作品を展示。
本部の美しい海をバックに迫力ある作品が展示されています。

淀川テクニック「タカアシガニ」


●名護市民会館前のアグー豚モニュメント
「アグーの森」というタイトルで、
「子どもたちと幼樹を植えることで、沖縄の風景をつくり、代々見守っていくこと」を目的に、
植物空間演出家のカゼモニワ多田弘さんと彫刻家の濱元朝和さん、
そして、社会福祉法人 羽地福祉会 星のしずく保育園年長組の皆様により制作されました。

多田弘×濱元朝和「アグーの森」

その他にも複数の会場にて、
展示やイベント企画を開催していきます。

皆様、是非やんばるに足をお運びください!
お待ちしていまーす!

『 やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』 開催決定記者会見

10月18日(水)、 
『やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』の
開催決定記者会見を
東京・渋谷区恵比寿の「LIVING ROOM 」で開催しました。


司会は、崎山一葉様と
『やんばるアートフェスティバル 2017-2018』アドバイザーの金島隆弘様が務め、
「やんばる」の魅力を画像やエピソードを交えて観光ガイドでは知り得ない魅力の紹介がありました。

その後、総合ディレクターの仲程長治様、
各地の芸術祭で作品を発表している椿昇様、
色彩豊かな大型作品で環境汚染に問題提起する淀川テクニック様、
アーティストとして地域芸術祭が初参加となる西野亮廣(キングコング) の4名が登壇し、
今回の意気込みや作品の構想についてお話がありました。


会見終了後には、登壇者全員でのフォトセッションを行いました。


なお、今回の会見会場では、
沖縄工芸品の展示等ディスプレイし、沖縄をPRしました。



いよいよ開催まで2か月を切りました!
皆様、ご期待ください!




ツーリズムEXPOジャパン2017参加!!

2017年9月22日(金)~24日(日)に
東京のビックサイトで開催された
『ツーリズムEXPOジャパン2017』にて、
「やんばるアートフェスティバル」のポスター掲示とチラシ配布を行い、
全力PRを行ってまいりました!!



沖縄ブースでは、美ら海水族館が大きな水槽の展示を行っていたり、
ステージではスリムクラブによる沖縄観光PRステージがあったりと、
3日間ともに大勢のお客様にお越しいただきました。



「やんばるアートフェスティバル」としては、
3日間お越しいただいた方々に直接チラシお渡しでのPRと、
直接事業についての説明を行いました。



皆様、比較的沖縄県の中でも北部地域にかなりの関心を抱いていることや、
アートイベントに関して大変興味をお持ちだったこと等、
大変良いPRが出来たとともに、
今後の事業運営において大変多くの収穫がありました!!

『やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』開催概要

ついに発表! 
『やんばるアートフェスティバル 2017-2018 ヤンバルニハコブネ』開催概要

- - - 

【開催期間】 2017年12月9日(土)~2018年1月8日(月)

【開催場所】 沖縄本島 北部地域
大宜味村:大宜味村立旧塩屋小学校、大宜味村立芭蕉布会館、国頭村:オクマ プライベートビーチ & リゾート、
本部町:海洋博公園(予定)、名護市:なごアグリパーク、美ら島自然学校、名護市民会館前 アグー像
<連携施設(インフォメーション等)>
国頭村:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館、東村:サンライズひがし、名護市:許田 道の駅、那覇市:うみちゅらら
※各会場の開場時間は、公式HPを参照してください

【料金】 入場無料

【総合ディレクター】 仲程長治

【出品作家】
<エキシビジョン部門>
我喜屋位瑳務、紫舟、高木正勝、Chocomoo、椿昇、照屋勇賢、BAKIBAKI、pokke104、淀川テクニック ほか(五十音順)
<クラフト部門>      
茜陶房、あさと木漆工房、城間びんがた工房、工房島変木、SHIZUCAL WAX、陶藝玉城、芭蕉布織物工房、ポール・ロリマー ほか(五十音順)
※そのほか随時発表

【主催】 やんばるアートフェスティバル実行委員会 

【共催】 大宜味村、島ぜんぶでおーきな祭

【後援】 沖縄県、国頭村、東村、今帰仁村、本部町、名護市

【協賛】 一般財団法人 沖縄美ら島財団

【お問い合わせ】 やんばるアートフェスティバル実行委員会(よしもとエンタテインメント沖縄内) TEL: 098-861-5141

【公式HP】 http://yambaru-artfes.jp ※最新情報や詳細などは、ホームページをご確認ください。



皆様、いよいよカウントダウンが始まりましたよー!
ご期待ください!!

ティザーサイトOPEN!

「やんばる」を舞台に展開する
「やんばるアートフェスティバル 2017-2018」。
この度、ティザーサイトがOPEN致しました。




開催までの残り3か月間、
皆様に向けまして、
このサイトより情報を発信してまいります。
準備も整い、まもなく大きな発表が出来るかと思います。
是非ご期待ください!


5 件/ 7 件中 次へ